3

ライフイベントと保険

子どもが生まれた場合

全学費は1人1000万円以上。
将来のためにも貯める保険を!

子どもができると食費や衣料費、習い事など何かとお金がかかってきます。特に大きいのが教育費。子ども1人が社会人になるまでにかかる学費は1,200〜1,500万円と言われていますから、できるだけ早いうちから備えたいもの…。まずは子どもの年齢に合わせて長期的なライフプランを描いてみましょう。

独身時に加入した
保険を見直す

社会人になった時に加入した保険はどんなタイプですか?”掛け捨て度合”の高
い型の保険であることも多いようです。家族構成やライフプランも見据え、貯蓄性の高い商品も視野に入れた上でご加入中の保険を一度見直したほうがいいかもしれません。

世帯主の死亡保険を
強化する

家族が増え、支出が増えるということは、世帯主が死亡した時、遺族が困る度合いも大きいということ。子どもの学費を確保する意味からもご主人の死亡保険を強化する必要があります。学費目的で逓減型の定期保険を上乗せするのも一案ですし、収入保障保険を増額するという方法もあります。

進学時にあわせて
学費を貯める

保険契約で発生する満期金・解約返戻金を子どもの学費に充てます。貯蓄性や利回り、保険期間などを考慮する必要があるので、まずは専門家であるファイナンシャル・プランナーに相談しましょう。
ページの先頭へ