3

ライフイベントと保険

住宅を買った場合

住宅ローンで生命保険が重複?
まずはプロに相談を!

金融機関で住宅ローンを組むと、同時に「団体信用生命保険」にも加入することになります。これは万が一、世帯主が死亡した場合や高度障害状態になった場合、ローン残高を支払ってくれるので、遺族はローン返済から解放されるという仕組み。住宅ローンと生命保険はセットになっているのです。

生命保険の
重複加入になるかも?

住宅ローンを組む前に加入した生命保険をチェックしてみてください。「ご主人が万一死亡した場合の住宅費用」を考慮したプランになっていたら、その部分はこれから加入する「団体信用生命保険」で賄うことができるので不要になります。

生命保険を
節約できます!

もし重複していたら、今の生命保険から住宅費保障の部分をカットしましょう。毎月の生命保険料が安くなります。浮いた保険料は住宅ローンの繰上げ返済に充てることもできますね!

ムダを見つけるには
専門家に相談!

住宅を購入する時は「住宅ローン」と「生命保険」の両方の専門知識をもったファイナンシャル・プランナーに相談することをおすすめします。保険料のムダをチェックし、設計を見直すのは手間暇のかかる作業です。やはりプロに任せるほうが早くて確実、安心です。
ページの先頭へ