3

ライフイベントと保険

退職をした

環境が大きく変わるとき、
保険も見直しが必要です

生活環境が大きく変わるので保険の切り替え、見直しが必要になってきます。今、加入している保険が「定期保険特約付き終身保険」という方は要注意。60歳満期、65歳満期で医療保障などの特約が失効してしまうことがあるので、まずは自分の保険の保障内容、保険期間を見直すことから始めてください。

相続対策も含めた
死亡保障を

この先、考えなければいけないのは自分が死亡した際の葬式費用と残された配偶者の生活費です。これらは終身保険で用意しておきましょう。現時点で生活に困らない程度に年金を受け取れる予定がある、また預貯金などが十分にあるのであればそれほど大きなものを考えなくても良いでしょう。もし、相続財産が自宅や土地など不動産が中心の場合は、相続対策としての生命保険も考えましょう。

高まるリスクに備えた
医療保険を検討

医療保険に関しては今後、年齢を重ねていけば当然、リスクが高まっていきます。近々、満了する保険しかないのであれば早急に加入しておくべきです。あと、注意しなければならないのは介護に対する備えです。介護状態では医療保険も死亡保険も役に立たないので、民間の介護保険への加入を検討する必要があります。

退職後の
マネープランニング

退職金は一旦、金融機関に預貯金する方がほとんどだと思いますが、中には「積極的に運用して膨らませる術も学びたい」という方も…。そんな方はファイナンシャル・プランナーに相談してみましょう。何かしらのヒントがもらえるはずです。
ページの先頭へ