保険の加入・見直し

2

保険の選び方:損害保険

生命保険についてはこちら

自動車保険

自動車保険とは?

安心のカーライフのために 自動車事故が発生した場合に、大切なマイカーだけでなく、事故の相手の車や工作物などの物件損害を補償する保険です。
また人身事故の場合は、自分や同乗者または相手のケガなどの人身損害なども補償します。

近年、自動車事故を起こしてしまった場合の賠償金額は高額となる傾向があります。
場合によっては、1億円を超える場合も……。
車を運転される方は、十分な備えをしておく事が大切です。

自動車保険の選び方

主に運転する方の年齢や、ひんぱんに車を使用するか、休日の買い物程度にしか使用しないかといった使用頻度の違いなどで、保険料に違いが出てきます。
また、保険料を安く抑えて必要最低限の保険に入るか、保険料は高くなっても万が一に備えた保険内容とサービスの十分な保険に入るか、という考え方の違いでさまざまなプランがあります。
実際に事故に遭ってしまった場合を想定して、契約しておく事をお勧めします。

特 徴 車や原動機付自転車の保有者には、法律で契約が義務付けられている自賠責保険、その上乗せとして契約する任意保険のことを意味します。基本的には、自分自身を守る保険と、第三者への賠償責任保険、自分の車を守る保険から成り立っています。

車両保険
(自分の車を守る保険)

衝突、接触等の事故によりご契約のお車に生じた損害、および盗難に遭った場合、保険金をお支払いします。
最近では、損害が一定以上に達した場合は、新車再購入価格まで補償する特約なども出ていますので、ニーズに合った保険設計が可能です。

対物賠償責任保険

自分が事故を起こしてしまい、相手の車や道路標識、または民家、店舗など第三者の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任が発生した場合、1事故について保険金額を限度に保険金をお支払いします。

対人賠償責任保険

第三者の身体に損害を与え、法律上の損害賠償責任が発生した場合に相手方1名について保険金額を限度に保険金をお支払いします。(ただし、自賠責保険等で支払われるべき部分を除きます。)
示談交渉サービスもあり、保険金額が無制限のタイプをおすすめします。

人身傷害保険、
搭乗者傷害特約

人身傷害保険ではお車の運行に起因する事故等で生じたケガによる治療費・休業損害あるいは死亡による逸失利益・精神的損害等、補償を受けられる方1名について、過失割合にかかわらず保険金額を限度に実際の損害額に対して保険金をお支払します。
搭乗者傷害特約では、ご契約のお車に搭乗中の方が事故により死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に、あらかじめ定められた金額を支払います。
自損事故や、自分の責任が大きいため相手が賠償してくれない場合、または相手が保険に入っていない場合や、逃げてしまって相手が分からない場合に、自分を守る保険として大切です。

火災保険

火災保険とは?

家や家財を守る保険 建物や家財が、火災や風災などの自然災害や水濡れの被害にあった場合、または家財が盗難の被害にあった場合に備える保険です。
最近は多様化が進み、自然災害以外のリスクもカバーする保険も多く販売されています。

※地震や噴火、またはこれらによる津波の損害は対象とはなりません。(地震火災費用保険金をお支払する場合があります。)

火災保険の選び方

現状の生活に復帰するための、必要最低限の補償を付けておくことが大切です。
万が一、火災で全焼してしまった場合には、同じ程度の建物を再建するのに必要な金額で契約する必要があります。いくら古い家だからといっても、生活に必要な同程度の家を建て直す場合には、現在の建築価格が必要になりますので、現在の建築価格でいくら必要かという考え方で契約するのが一般的です。
もちろん、時価額でかける事も可能ですが、それでは建て直すことはできませんので契約時に検討する必要があります。
建物のみのご契約では、家財は補償されません。家財補償特約も契約しておくことをお勧めします。

特 徴 火災、風災の他にも、落雷や水災に備えて自分の財産を守ってくれる頼りになる保険です。
1年契約だけではなく、3年、5年など長期で補償するタイプの保険もありますので、ニーズに合わせて選択すると良いでしょう。

地震保険

地震保険とは?

恐ろしい地震への備え 火災保険*では対象外とされている地震、噴火、またはこれらによる津波を原因とする損害をカバーする保険です。
地震保険だけを単独で契約することはできませんので、火災保険にセットして契約する必要があります。
*(地震火災費用保険金をお支払する場合があります。)

地震保険の選び方

火災保険にセットで契約します。
契約できる補償額には、主契約となる火災保険の支払限度額(保険金額)の30%~50%の範囲内で設定いただきます。(ただし、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度となります。)
そのため、火災保険の契約時にどのくらいの補償が必要か、検討すると良いでしょう。

特 徴 法律に基づき、国と損害保険会社が共同で運営している保険です。損害が発生した場合に、全損、半損など、損害に応じて定められた割合で保険金が支払われます。地域ごとに地震が発生するリスクが違いますので、お住まいの地域や建物の構造によって保険料が異なります。
また、建物のみのご契約では、家財は補償されません。

傷害保険

傷害保険とは?

日常のケガに備える 突然の事故により、ケガをして入通院したり、後遺障害が残ったり、または死亡した場合に備える保険です。
旅行やレジャー、行事などの際に短期で契約するタイプや、特定のスポーツ中に限定して契約するタイプなどもあります。

傷害保険の選び方

日常生活の中で誰にでもケガはつきもの。
自分のケガのみならず家族も含め、あらゆるリスクをイメージし、保険内容を決めましょう。
自分や家族が入院、または通院した場合に、1日あたりどれくらいの補償が必要になるか考えて契約しましょう。

特 徴基本的には、ケガの原因や程度を問わず、入通院1日あたり定額の保険金が支払われます。契約内容によっては、手術や後遺障害、または死亡した場合など、手厚い補償を受ける事もできます。
入通院1日あたりの保険金額設定となりますが、複数の保険会社で契約する場合などは、他社で契約した保険の契約内容について申告が必要です。

賠償責任保険

賠償責任保険とは?

身近なリスクへの備え 日常生活に起因して、第三者の財物や身体に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任が発生した場合に、その責任をカバーする保険です。
例えば、自転車で走行中、他人に損害を与えてしまった、飼い犬が他人に噛み付いてケガをさせてしまった、などといった場合に保険金が支払われます。
保険会社が示談交渉を行うタイプもあります。

賠償責任保険の選び方

こういった損害が発生する場合、第三者とのトラブルにもなることが多いので、示談交渉サービスのある契約をおすすめします。
最近では、賠償金額が高額になることがあるので、無制限タイプが一般的です。
自動車保険や火災保険にオプションとしてセットされている場合もありますので、補償が重複することがないように注意しましょう。

特 徴 あくまで、第三者に対して法律上の損害賠償責任が発生した場合の保険です。
台風などで家の瓦が飛んで、ご近所の家などに損害を与えてしまった場合は、不可抗力として賠償責任は発生しないため、保険金支払いの対象外となることもあります。
また、被保険者の家族や、その所有物に損害を与えた場合は対象外であるなど、民法上の賠償責任をよく理解してから契約することが大切です。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。
ご不明な点等がある場合には、お問い合わせください。

ページの先頭へ